昭光通商保険サービス株式会社は、昭和電工グループの保険代理店として、保険を軸とするさまざまなサービスの提供を通じてお客さまの声を聴き、技術(能力)を磨くことでお客さまの「こころ」を動かし、お客さまの「安心と安全」のためにお手伝いすることを使命としています。
主な使命は、昭和電工グループの法人と個人(従業員やOB)への保険商品やサービスの提供です。
法人のお客さまとして、昭和電工株式会社および関連会社ならびにその取引先等に対して、意向把握・比較推奨販売・情報提供・重要事項説明・意向確認といった募集プロセスを経て、最適な保険商品やリスクマネジメントサービスを提供することで、お客さまの安心・安全に貢献します。
個人のお客さまとして、昭和電工グループの従業員およびOBの皆さまへの保険商品の提供を通じて、昭和電工グループにおける福利厚生制度の一翼を担っています。
また、グループ内外に関らず、すべてのお客さまに最適なリスクソリューションを提供するよう努めています。
こうした使命を果たし、お客さまから信頼される保険代理店であり続けるために、当社はより「いい会社」「信頼される会社」を目指し、お客さま本位の業務運営に注力することを方針として定めます。

方針1.お客さま本位の業務運営の実践のため、基盤となるシステムの整備に積極的に取り組みます。

お客さまへの適正で丁寧な募集活動を目指すための募集プロセスの記録(意向把握・比較推奨販売・情報提供・重要事項説明・意向確認)や、顧客情報および契約の管理などが適正かつ効率的に行えるよう、システム会社と共同で、当社の規模・特性に合った独自の基幹システムを導入し、お客さまへの一層のサービス向上のために継続的に改善を図り、お客さまの最善の利益の実現に努めてまいります。

方針2.利益相反のない適切な管理のもと当社の推奨方針を策定し適正に募集します。

お客さまへ提供する保険商品は、利益相反が生じないように当社の推奨方針に則って、適正に選択し丁寧にご説明のうえ、お客さまの意向に沿った最適な保険商品を提供いたします。

方針3.保険会社からの手数料の多寡によって保険商品を選択しご提案することはありません。

お客さまからいただく保険料には保険会社によって決められた一定の手数料が含まれています。それは適正な保険募集やサービスの提供ならびに事故時の対応などに対する対価であり、その手数料の多寡によって恣意的に保険商品を選択することは絶対にありません。お客さまの意向に沿った最適な保険商品を選択してご提案いたします。

方針4.お客さまの意向を正確に把握し、保険商品などに関する情報をわかりやすく丁寧にご説明します。

お客さまに情報を正しくご理解いただくために、お客さまの意向を正確に把握して、これまで培った専門知識を活かして保険商品やサービスを提供し、お客さまの意向に沿った内容をわかりやすくご説明いたします。特に、重要事項や注意喚起情報等、お客さまにとって最も重要な情報については丁寧にわかりやすくご説明し、納得いただいたうえでお客さまに意思決定いただくよう努めてまいります。

方針5.お客さまに最適な提案ができるような人材の育成に努めます。

当社独自あるいは保険会社と連携したコンプライアンス研修を年5回以上開催するなど、社員のコンプライアンスへの理解および意識の向上のために教育・指導を継続的に実施することで、適正な保険募集のための基盤を醸成します。業務知識やスキルアップのための研修につきましても、全社員が各自の役割を認識し経験値が上がるように定期的に実施します。また、当社独自のレベルアップに向けた研修を計画的に実行し、損害保険トータルプランナーやファイナンシャルプランナーなどの資格取得を奨励し支援します。
なお、お客さまからいただく声は今後の業務や取組姿勢の改善に役立てるとともに、社員のモチベーションアップにも通じるため、全体で共有することによりお客さま満足度向上にも繋げていきたいと考えております。

方針6.社員の士気を高めて納得感をもって適正に保険業務を遂行することができる枠組みを整えます。

お客さま本位の業務運営を実現するためには、社員の士気を高めて納得感をもって業務遂行してもらうことも重要です。そのための枠組みとして、適正で納得感のある評価制度を構築しています。年度当初に目標を設定し、その達成度合いをプロセスと結果で検証のうえ、実績と能力の2軸で社員を評価しています。毎月の面接によって進捗をフォローしアドバイスを行い、個人の強みや弱みを明らかにしながら社員の目指す姿に近づけるよう成長を支援し、自助努力を促すとともに、社員の動機付けの枠組みを今後も整備してまいります。

「お客さま本位の業務運営」の成果を示す指標(KPI)

お客さまの意向を正確に把握し、お客さまの意向に沿った保険商品をご提案しているかどうかの目安として下記の指標達成に向けて取り組みます。

【法人契約】

保険継続率 95%以上
複数種目契約率 60%以上(2021年度末目標)

【個人契約】

保険継続率 96.0%以上
契約台数 5,000台以上(2021年度末目標5,200台)

【お客さま対応】

ToDoリスト完了率 90.0%以上
お客さまの声入力 年間50件以上

【社員教育】

損害保険トータルプランナー資格保有割合 20%(全部門、2021度末年目標)
ファイナンシャルプランナー資格保有割合 30%以上(営業部門、2022年度末目標)
研修回数(商品知識・コンプライアンス研修等) 12回以上

以上
昭光通商保険サービス株式会社
代表取締役社長 山田治伸

2019年1月4日 施行
2020年1月4日 改定
2021年2月1日 改定